2019年1月10日木曜日

花火をイメージしたアプリ ~クリアプの展示会~

1月9日水曜日の4時限目にMTCにて展示会が行われました。

今回は過去最高の14人による展示会が行われ、多くの人が鑑賞しました。




今回、Xcodeでクリエイティブアプリケーション授業外のアプリ制作をしてみましたが、正直こんなにもエラーで悩まされると思っていませんでした。

このアプリではアニメーションを再生するものになりましたが、次回からはアプリ内で表現をできるようにしたいと思いました。

私自身の目標にしていた展示会へ製作に間に合ってよかったです。

手伝っていただいた皆様ありがとうございました。

1 件のコメント:

  1. 素晴らしいと思います。映像にしろものづくりにしろ、根本のクリエイティブを求めると最終的にはプログラミングに行きわたります。最近ではソフトで作られる映像表現は飽和状態になり、新しい表現を求めようとさらにその傾向が強くなっていると感じます。コードが書けないとクリエイターじゃないと言う人がいるほどです。
    その中でアプリを作れるようになるのは今後強みになると思います。
    プログラムを使ったグラフィックやジェネラティブアートには、リアルタイム性を持てるという強みもあります。最近熱いのがTouchDesignerですね。ノードベースのビジュアルプログラミングなので簡単なことならコードを書かなくてもいろいろなものが作れます。是非お試しください!

    返信削除

花火をイメージしたアプリ ~クリアプの展示会~

1月9日水曜日の4時限目にMTCにて展示会が行われました。 今回は過去最高の14人による展示会が行われ、多くの人が鑑賞しました。 今回、Xcodeでクリエイティブアプリケーション授業外のアプリ制作をしてみましたが、正直こんなにもエラーで悩まされると思っていません...